リキッドアイライナーの特徴について

リキッドアイライナーは細くシャープなラインが描けるのが特徴です。切れ長のすっきりした、印象的な目元をつくることができます。力の入れ方を変えれば細いラインも極太のラインも描けるので、目元を強調したい時やバッチリメイクをしたい時にも便利です。特に、パーティーなどの華やかな席ではとても目立つ印象を与えることが出来ます。また、ペンシルタイプに比べてにじみにくいので、化粧崩れの心配もありません。長時間メイクをする時や化粧直しの時間が取れない時は、リキッドタイプのアイライナーを使うとよいでしょう。力を入れなくてもキレイなラインを描くことができるので、目元の皮膚を傷める心配もありません。特に中年以降の女性は、目元の皮膚を傷めると、皮膚がたるんで年齢以上に老けて見えてしまいます。リキッドライナーで皮膚を保護するとともに、目じりのはね上がった切れ長のラインを描くことで、若々しい目元を保つことができます。書きやすくにじみにくい分、皮膚に定着しやすく汚れをおとしにくいので、メイクを落とす時は、専用のアイリムーバーを使いましょう。普通のクレンジング剤で落とそうとすると、無理な力が加わって皮膚を傷めてしまうので注意しましょう。

コメントは受け付けていません。